治療例1 | 東京・文京区の本郷さくら矯正歯科

抜歯が必要と診断された方

治療例1

17歳 男性 八重歯と前歯で噛みきれないことが気になって来院されました。スポーツができる矯正治療をご希望でした。

開始前インビザライン矯正治療後
治療内容
治療期間 約2年
治療内容

インビザライン  上下4本 左右第一小臼歯抜歯

 

 

ドクターからのコメント

顎に対して全部の歯が並び切っていない状態で、前歯が噛みきれずに八重歯がある状態でした。スポーツをする方は特に、八重歯やガタガタしている歯は、ボールが顔に当たったりした時に大怪我につながりやすいですね。といっても、金属のワイヤー装置を装着すると、余計にスポーツには集中できないなどという理由で、見送りになる方もいらっしゃいます。インビザライン矯正であれば、マウスピース型の矯正装置なので、歯の表面には金属が一切つきません。怪我にもつながりにくく、口の中も切れにくいです。
また、スポーツをしている時の瞬間的な食いしばりに対しても耐えられる程、インビザラインのマウスピース装置は強度もあります。ご安心して矯正治療を受けていただけます。

歯並びがよくなって、かみ合わせもよくなり、勉強、スポーツ、集中できるようになったと言っていただけました。
とても嬉しいです。がんばって良かったですね。

無料相談・ご予約はこちら 折り返し電話予約

▼カレンダーから予約する
side_photo

本郷さくら矯正歯科
HONGO SAKURA
ORTHODONTICS TOKYO

東京メトロ 丸の内線/大江戸線
本郷三丁目駅 30秒

〒113-0033
東京都文京区本郷2-39-5片岡ビル2階
TEL 0120-244-010
FAX 03-5800-0010