インビザラインドクターのためのセミナー | 東京・文京区の本郷さくら矯正歯科

インビザラインドクターのためのセミナー

frontier_invisalign_img_01

当院の尾島賢治院長が主催する、インビザライン・スタディグループをご紹介いたします。
ドイツのDr.Schuppから直接ご指導を受け、日本人で唯一「Dr.Schupp Invisalign Master course I,II」を修了している尾島院長が定期的に最新のインビザライン・トピックを講演いたします。

「FRONTIER」3つの理念

  • 1日本をインビザライン矯正治療の先進国にしたい。
  • 2日本から世界へ、緻密で高度なインビザライン矯正治療技術を発信したい。
  • 3歯並びでお悩みの方を救済する、新しい学問として研究をする。

このような理念の元、日本のインビザライン治療技術発展のため勉強を続ける尾島院長を中心に、インビザラインドクターのための勉強会を開催しております。

講師紹介

尾島 賢治 先生

本郷さくら矯正歯科・院長

FRONTIER 代表
ドイツのDr.Schuppのクリニックに約50回以上研修に行き、ヨーロッパ・トップインビザラインドクターから直接インビザライン矯正治療の概念やテクニックの指導を受け自身のクリニックで矯正治療を行っている。
その経験を生かし、日本のインビザライン・ドクターへ難易度の高いインビザライン矯正治療や診断などの最新のインビザライン・テクニックの幅広く講演を行っている。

アメリカ矯正歯科学会 インビザライン矯正 ”Speed up treatment”講演

ドイツ アライナー矯正歯科学会メンバー

2013年 インビザライン トップドクターミーティング(東京)
     ラウンドテーブルディスカッション

2013年 インビザライン トップドクターミーティング(東京)
     新素材の臨床報告講演

2013年 インビザライン ヨーロッパサミット(ローマ)

     ラウンドテーブルディスカッション

2012年 インビザライン アジアサミット(マカオ)
     ラウンドテーブルディスカッション

2011年 インビザライン ヨーロッパサミット(バルセロナ)
     ラウンドテーブルディスカッション

 

檀 知里 先生

檀 知里 先生

本郷さくら矯正歯科

ドイツのDr.Schuppクリニックの研修、ドイツアライナー矯正歯科学会、アメリカ矯正歯科学会に参加し、インビザライン矯正治療を行う。

2013年 インビザライン トップドクターミーティング(東京)
     ラウンドテーブルディスカッション

2013年 インビザライン ヨーロッパサミット(ローマ)
     ラウンドテーブルディスカッション

2012年 インビザライン アジアサミット(マカオ)
     ラウンドテーブルディスカッション

 

FRONTIER での講演では過去に

「インビザラインをはじめよう~7つのテクニック~」
などがある。

特別講師Dr.Werner Schupp

特別講師
Dr.Werner Schupp

ドイツ・ケルン

ドイツ国内だけでなくヨーロッパ、アメリカ、中国、ブラジルなど世界中でインビザラインの講演をしているトップインビザラインドクター。

2013年11月28日 FRONTIER JAPAN Lectureにて来日記念講演を行う
(東京大学 伊藤国際学術研究センターにて)

2010年 International Invisalign Gallery Award 受賞
ヨーロッパNo.1症例数のインビザラインのプラチナエリート・ドクター
(2014年1月現在 2500症例以上)

ケルンにインビザライン矯正専門医院を開院。
インビザライン導入期からインビザライン治療を行う。
著書“Funktionslehre in der Kieferorthopädie矯正の関数理論”(ISBN:3-928055-03-8)をはじめ、歯列矯正、顎関節とその疼痛治療に関する著書をドイツ国内外で出版。インビザラインに関する論文も多数掲載されている。

ドイツのアライナー矯正学会(DGAO)のボードメンバー
フェラーラ大学(イタリア)      矯正歯科客員教授
北京首都医科大学(中国)    矯正歯科客員教授

各国のインビザライン・サミットにて講演を多数行う
最近では、
2011年 ヨーロッパインビザラインサミット 講演(スペイン・バルセロナ)
2012年 アジア・インビザラインサミット 講演(マカオ)
2013年 ヨーロッパインビザラインサミット 講演(イタリア・ローマ)
などがある。

お知らせ ~2014年度 セミナー日程~

開催予定のセミナーの日程をお知らせします。
それぞれ、受講資格等ございますのでご確認のご参加のお申込みをお願いします。

※いずれも事前申し込みが必要になります。

お申込み・お問い合わせは
frontier.japan.seminer@gmail.com
までお願いいたします。

2014年1月30日(終了いたしました)
FRONTIER ZERO

受講料:¥25,200-(税込)

受講資格:インビザライン・サティフィケート取得 / インビザライン症例1症例以上

過去のFRONTIER

過去に開催されたセミナーの内容をご紹介いたします。

2014年1月30日 東京大学 伊藤国際学術研究センター FRONTIER Invisalign 10th

Dr. 尾島 賢治

 【Dr.シュープのインビザラインを使用した歯の移動プロトコル】
1 Mild Anterior Crowding
2 Moderate Anterior Crowding
3 Anterior Crowding,Midline shift
4 Anterior Openbite(Mild)
5 Diastema
6 Class I Moderate Overjet
7 Lower Incisor intrusion
8 Midline shift
9 Distalization
10 Strategic Aligner Orthodontics (SAO)

 
【Dr.尾島 ケースプレゼンテーション】
1 Distalization Strategy
2 Anterior Open bite (Severe)
3 EXPANSION
4 Wisdom Control
5 Segment EXPANSION
6 Space Arch
7 Extraction case 1
8 Extraction case 2
9 Perio. case
 
 
Dr. 檀 知里

当院で行っているDr.Schuppのトータル ワークフロー

Dr. 西山 力

当院で行っているDr.Schuppのボンディング ワークフロー

Dr. 尾島 賢治
-Question and Answer session-
10 Orthodontists Invisalign Orthodontic Question and Answer
10名の矯正専門医のインビザライン矯正治療ディスカッション

2013年6月 東京国際フォーラム 【Frontier8th 】FRONTIER NEXT

Dr.尾島

Frontier Invisalign 総集編 Dr.Schuppテクニックを用いたケース紹介

Dr.檀

①Dr.Schuppのfinishing
②2013年AAO報告

Dr.西山

Invisalign Teen with フランケル装置

2013年3月 韓国 【Frontier7th 】 FRONTIER ZERO

Dr.尾島

インビザライン・テクニックと症例報告

Dr.檀

インビザラインをはじめよう~インビザラインを成功させる7つのポイント~

2013年2月 大阪 【Frontier6th 】 FRONTIER ZERO

Dr.尾島

インビザライン・テクニックと症例報告

Dr.檀

インビザラインを成功させるための材料・方法について

2012年9月 【Frontier5th 】

Dr.尾島

Dr.Ronnie(シンガポール・インビザラインドクター)来院記念特別講演

2012年7月 中目黒 【Frontier4th 】

Dr.尾島

Dr.Schuppイタリア講演の内容の報告

Dr.福冨

本郷さくら矯正歯科で行ったインビザライン治療の歯の移動データから
統計的に達成率を分析した歯のコントロールの報告

Dr.檀

Dr.Yauの小臼歯抜歯症例を成功させるための7つのポイント

2012年2月 六本木ヒルズアカデミー 【Frontier3rd 】Dr.Wener SchuppのClassⅠテクニック

Dr.尾島

Dr.SchuppのClassⅡテクニック

Dr.福冨

Dr.Schupp論文について
タイトル[Interdisziplinare Behandlung von Patient mit Kranio-mandibularer Dysfunktion]

Dr.檀

Dr.Yauの小臼歯抜歯症例を成功させるための7つのポイント

2011年11月 中目黒 【Frontier2nd 】Dr.Wener SchuppのClassⅠテクニック

Dr.尾島

Dr.Wener SchuppのClassⅠテクニックについて

Dr.福冨

Dr.Schupp論文について
タイトル①[Möglichkeiten und Grenzen der invisalign Behandlung]
タイトル②[インビザライン治療の可能性と境界]

Dr.檀

①Dr.David Paquette(米・インビザラインプラチナドクター)講演
”Raising the bar with aligner treatment”解説
「インビザライン治療のレベルアップ:硬組織と軟組織の重ね合わせによる審美性の向上」
(2011年アジアインビザラインサミット講演)
②Dr.Schupp論文について
論文タイトル「顎の疾患を持つ患者様のインビザライン治療」Part2

2011年9月 本郷さくら矯正歯科にて 【Frontier 1st 】Dr.Schuppの論文について

Dr.尾島

論文タイトル[Class II Correction with the Invisalign System]

Dr.福冨

論文タイトル[Treatment of anterior bite with the Invisalign System]

Dr.檀

論文タイトル[Invisalign treatment of patients with craniomandibular disorders]

【お問い合わせ】
FRONTIER 事務局  frontier-invisalign@gmail.com

Frontier Invisalign (English)

30th Jun.2014  Tokyo University FRONTIER Invisalign 10th

Dr. Kenji Ojima

Dr.Schupp ‘s  protocol of tooth moving method.

1 Mild Anterior Crowding
2 Moderate Anterior Crowding
3 Anterior Crowding,Midline shift
4 Anterior Openbite(Mild)
5 Diastema
6 Class I Moderate Overjet
7 Lower Incisor intrusion
8 Midline shift
9 Distalization
10 Strategic Aligner Orthodontics (SAO)
 
-Dr.Kenji Ojima’s Case Presentation-

1 Distalization Strategy
2 Anterior Open bite (Severe)
3 EXPANSION
4 Wisdom Control
5 Segment EXPANSION
6 Space Arch
7 Extraction case 1
8 Extraction case 2
9 Perio. case
Dr. Chisato Dan

Total Work flow of our office

Dr. Riki Nishiyama

bonding work flow of our office

Dr. Kenji Ojima
-Question and Answer session-
10 Orthodontists Invisalign Orthodontic Question and Answer

Jun.2013 in Tokyo 【Frontier8th 】FRONTIER NEXT

Dr.Ojima

The Invisalign technique / Case presentation

Dr.Dan

Dr.Schupp lecture “finishing”  AAO報告 in2013

Dr.Nishiyama

Frenkel with Invisalign Teen

Mar.2013 in Korea 【Frontier7th 】 FRONTIER ZERO

Dr.Ojima

The Invisalign technique / Case presentation

Dr.Dan

Let’s start Invisalign~7 technique of successful Invisaling~

Feb.2013 in Osaka 【Frontier6th 】 FRONTIER ZERO

Dr.Ojima

The Invisalign technique / Case presentation

Dr.Dan

The materials and methods for a successful Invisalign

Sep.2012 【Frontier5th 】

Dr.Oijma

Special Lecture for Dr.Ronnie’s (Singapore Invisalign Doctor)

Jul.2012 in Tokyo 【Frontier4th 】

Dr.Ojima

Dr. Schupp Master CourseⅠ lecture

Dr.Fukutomi

Report of control of tooth in Invisalign treatment in Hongo Sakura Orthodontic

Dr.Dan

Dr.Yau’s 7 technique ~Invisalign with high canine case~

Feb.2012 in Roppongi 【Frontier3rd 】

Dr.Ojima

The Invisalign technique of Dr.Wener Schupp ClassⅠ

Dr.Fukutomi

Study of Dr.Schupp’s thesis
Title [Interdisziplinare Behandlung von Patient mit Kranio-
mandibularer Dysfunktion]

Dr.Dan

Dr.Yau’s 7 technique ~Invisalign with premolar extraction case~

Nov.2011 in Tokyo 【Frontier2nd 】

Dr.Ojima

The Invisalign technique of Dr.Wener Schupp ClassⅠ

Dr.Fukutomi

Study of Dr.Schupp’s thesis
Title: [Möglichkeiten und Grenzen der invisalign Behandlung]
Title:「Possibilities and limitations of Invisalign treatment」

Dr.Dan

①Study of Dr.David Paquette Lecture ”Raising the bar with aligner treatment”
②Study of Dr.Schupp’s thesis
Title:「Invisalign treatment of patients with craniomandibular disorders」Part2

Sep. 2011 in Hongo Sakura Orthodontic 【Frontier 1st 】Study of Dr.Schupp’s thesis

Dr.Ojima

Title: [Class II Correction with the Invisalign System]

Dr.Fukutomi

Title: [Treatment of anterior bite with the Invisalign System]

Dr.Dan

Title: [Invisalign treatment of patients with craniomandibular disorders]

【Contact us】
Secretariat of FRONTIER  frontier-invisalign@gmail.com

無料相談・ご予約はこちら 折り返し電話予約