アジア パシフィック矯正歯科学会にて講演しました | 東京・文京区の本郷さくら矯正歯科

アジア パシフィック矯正歯科学会にて講演しました

2016年9/2〜3に、2年に一回開催されるアジア パシフィック矯正歯科学会にて講演を行ってきました。
開催地はインドネシアのバリです。

大きな会場のあちこちで、約150名のスピーカーが様々な講演を行っているというスタイルで、出席者の先生方もアジアの各国から出席されていました。

インビザライン矯正だけではなく、興味深い内容の講演が行われていました。ラビアル(表側の矯正)、リンガル(舌側の矯正)、サージェリー(外科的矯正)、TADs(固定用インプラントなどを使用した矯正)様々です。その中でアライナー型矯正装置の講演は3講演、その中でインビザラインに関する講演は僕とカナダのSandra先生の2名でした。講演後はアジアの様々な矯正歯科医師から質問や講演依頼をいただきました。インビザラインシステム自体を始めてみる先生もいらっしゃいまして、かなり初歩的なご質問から難易度の高い症例に対するご質問などいろいろです。今回のテーマがTHE SHAPE OF FUTURE ORTHODONTICS:

THE ART AND SCIENCE BEYOND JUST STRAIGHT TEETH
という内容なので新しい矯正治療の取り組みなども多数発表されておりました。
https://www.ikorti-iao.com/registration-and-accomodation/apoc-registration/indonesia-registration.html

Dr. Nanda は、世界的に著名な歯科矯正の権威の先生です。
アメリカ矯正歯科学会でも毎年ご挨拶させていただいています。コネチカット大学でのインビザライン講演のご依頼をいただきました。

 

左側の女性の先生は、Dr. Sandra です。

インビザラインのアジアサミットでもご講演されていた先生です。
今回も、インビザライン矯正に関する講演をされていました。

インビザラインは、関心度も高く、聴講者も多くいました。

アジアパシフィック矯正歯科学会(APOC) in Indonesia

トピックは以下の通りです

Topic: 
1. Multidisciplinary treatment 
2. Management of craniofacial deformities · Cleft Lip & Palate · Orthognathic Surgery 
3. Orthodontic technology · TADs · 3D imaging (CBCT) · Self Ligating · Insignia · Invisalign · Incognito · K-Line Clear Aligner 
4. New treatment strategies in orthodontic · Corticotomy · Tooth movement acceleration 
5. Future Community Service Orthodontic treatment

学会期間中も、アジアの各国の友人の先生方との再会や交流もこの学会の特徴で、みなさんとお会いすることでとても刺激になります。

インドネシアの空港に到着したら、学会の方がお迎えに来てくださいました。

到着したのが夜でしたので、大変ありがたかったです。

今年はインドネシアに2回も講演に来ることができました。

これも何かのご縁かと思い感謝しています。
学会に行く度に、次の新しいご縁をいただいています。

無料相談・ご予約はこちら 折り返し電話予約