ドイツ 顎関節症研究会 | 東京・文京区の本郷さくら矯正歯科

ドイツ 顎関節症研究会

ドイツのミュンスターで開催されたGemany CMD Congressに出席しました。
年一回開催されるこの研究会に、出席するのは今年で3回目になります。
初めて出席した三年前は治療の内容がとてもハイレベルで驚くことばかりでした。

 

矯正治療のアプローチだけでなく顎関節の手術を行う口腔外科医や形成外科医、補綴医などの複合した講演内容でした。
Dr.SchuppとDr.wolfgangのインビザラインとインターディシプリナリーのアプローチは、とても興味深く、大切な内容だと思います。

補綴前の矯正治療の歯の位置決めやインビザラインの治療の運びやワークフロー、クリンチェックの診断等、多くのことが学べました。

また、上海大学の口腔外科医Dr.Yangのオペ講演も迫力がありました。

無料相談・ご予約はこちら 折り返し電話予約