第一回 甲信デジタル矯正研究会 にてインビザラインの講演を行いました | 東京・文京区の本郷さくら矯正歯科

第一回 甲信デジタル矯正研究会 にてインビザラインの講演を行いました

第一回 甲信デジタル矯正研究会

記念すべき第一回 甲信デジタル矯正研究会での講演依頼をいただいて、長野県塩尻の松本歯科大学内で開催された甲信デジタル矯正研究会でインビザライン治療についてお話させていただきました。

 

今回は、インビザライン矯正を積極的に勉強されている先生から、これからインビザライン矯正を始められる先生まで、日曜日なのでたくさんの先生方、衛生士さん、技工士さんが参加されていました。

講演内容:

第一部 「私が見てきた世界の矯正歯科治療における インビザライン システムについて」
第二部 「インビザライン 矯正治療の可能性」
(1) 抜歯症例
(2) 拡大非抜歯症例
(3) 大臼歯遠心移動による非抜歯症例
(4) 過蓋咬合症例
(5) 開咬症例
(6) 顎位の変位を伴う症例
(7) 小児症例
(8) インプラントアンカーとのコンビネーション症例
(9) iTeroスキャニング光学印象によるDigital Orthodontics のアプローチ
(10) アライナー矯正歯科研究会のお知らせ

会場は新しくて広くて音響がすばらしかったです。

講演後もたくさん御質問をいただき、ありがとうございました。

今回の研究会に際し、ご配慮いただきました岡藤先生、薄井先生、ありがとうございました。

無料相談・ご予約はこちら 折り返し電話予約